コラム:「Vitra」ってなんだろう?(1) /[すべて正規品]デザイナーズ家具・ブランド家具通販・北欧家具通販【H.L.D】

CATEGORY/カテゴリー

REAL SHOP/実店舗

実店舗のご案内

CONTRACT/コントラクト事業

コントラクト事業のご案内

CONTACT/お問合せ

メールでのお問合せ 実店舗のご案内
 
Vitra Campus/ヴィトラ キャンパス

さて、Vitraってなんだろう?

スイスに拠点を置く家具ブランド Vitra(ヴィトラ)
イサム・ノグチの「コーヒーテーブル」や、ヴァーナー・パントンが手掛けた「パントンチェア」など、 どこかで一度は目にしたことがあるこれらの家具は、このVitra(ヴィトラ)から発信されています。 しかし「Vitra(ヴィトラ)ってどんなブランド?」と聞かれると、一言で説明するのは難しい。 世界各国様々なデザイナーと協働し家具を製造していて、そのデザインも多岐に渡っています。
メーカーやブランドというより、Vitra(ヴィトラ)の存在自体が「デザイン」と言っていいような不思議な魅力を持っているのです。

いったいVitra(ヴィトラ)とは、どんなブランドなのでしょうか。
スイスとドイツの国境沿いヴァイルアムラインに位置する「Vitra Campus(ヴィトラキャンパス」への旅レポートと共に、
その魅力をご紹介いたします。

Vitra(ヴィトラ)のはじまり

みなさん、Vitra(ヴィトラ)の歴史をご存知でしょうか?
1934年 店舗什器メーカーとして誕生したことがはじまりです。
1950年 社名変更時、フランス語でショーケースを意味する「Vitrine」が由来となりVitra(ヴィトラ)と名付けられました。
1953年 創業者ウィリー・フェバウムはニューヨークへ。この旅がVitra(ヴィトラ)を大きく変えることとなるのです。

当時のニューヨークは経済発展がすさまじく、輝く街を駆け廻るなか、ウィリーの目に1脚の椅子が留まります。
それがイームズの赤いDCWでした。「この椅子をヨーロッパでも広めたい」という想いが沸き上がり、ただ一心にイームズ夫妻と交渉をつづけ、見事実現。1957年には、イームズ、イサム・ノグチ、ネルソン、ジラード製品をヨーロッパ、中東での製造販売権を取得しました。「イームズ夫妻との出会いがあったからこそ、今のVitra(ヴィトラ)がある」と、後にウィリーが振り返るほどDCWとの出会いは彼に衝撃を与えたそうです。この1脚をきっかけに、Vitra(ヴィトラ)は家具メーカーとして大きく発展していきました。

 
  •  Vitra Campus/ヴィトラ キャンパス

    発展のきっかけとなった赤いDCW(※写真は現行品です)

  •  
  •  Vitra Campus/ヴィトラ キャンパス

    チャールズ&レイ・イームズ夫妻

Vitra Campus(ヴィトラキャンパス)

Vitra Campus(ヴィトラキャンパス)は、Vitra(ヴィトラ)のオフィスや製造工場、ショールーム、美術館、カフェなどがある、建築とデザインの実験の場であり、非常にユニークな建築が集まる場所です。
事のはじまりは1981年です。当時の生産工場が大火災に遭い、ほぼ全てが焼失した直後のことでした。損害も大きく経営も厳しくなるなか、「半年以内の再開」が条件となる復旧事業のマスタープランを担当した建築家ニコラス・グリムショーが敷地内に大きなプレハブ建築をつくることを提案し、後にVitra Campus(ヴィトラキャンパス)と呼ばれる建築群の第一号となる新工場が建設されました。

1989年にオープンしたVitra Design Museum(ヴィトラデザインミュージアム)は、家具のコレクションを収納するための建物として作られました。その後も、ザハ・ハディドやヘルツォーグ&ド・ムーロン、安藤忠雄、SANAAなど、世界で活躍する建築家の作品が集合する場所として建築ツアーも開催され、世界中の建築ファンが数多く訪れる名所として知られています。

それではVitra Campus(ヴィトラキャンパス)をご紹介しながら、
建築を通してブランドがもつ「デザイン」の魅力をみなさまへお届けいたします。

 
  •  Vitra Campus

    広大な敷地に世界中の建築家の作品が集合しているVitra Campus

     
  •  
  •  Vitra Campus

    毎年恒例のイベントや、建築ツアーなどもあり、人気スポットとなっています。

 

Architecture
- 建築について -

Vitra Campus
     
  • \ NEW /

    10/18

    Vitra Haus

    Vitra Haus

    「Haus」はドイツ語で「家」を意味しています。イエガタが積み重なった、その名のとおり「Vitra(ヴィトラ)の家」です。ドイツ・バウハウスも同じく「BAU=建築 の HAUS=家」を表していますね。雑誌で見ていた建築が目の前に現れた瞬間は、旅の疲れもどこへやら、感動のご対面でした。