CATEGORY/カテゴリー

CONTACT/お問合せ

メールでのお問合せ 実店舗のご案内

定休:土曜日・日曜日

REAL SHOP/実店舗

実店舗のご案内

CONTRACT/コントラクト事業

コントラクト事業のご案内

フリッツ・ハンセン
150年の歴史を振り返る

デンマーク家具の代表的なブランドであるフリッツ・ハンセン。
アルネ・ヤコブセンをはじめ、ハンス・J・ウェグナー、ポール・ケアホルム、
近年ではハイメ・アジョン、セシリエ・マンツ、佐藤オオキといったデザイナーと共に
時代に左右されない名作と呼べる家具を数多く発表しています。

そんなフリッツ・ハンセンは、2022年で創業から150年を迎えました。
この特集では、名作を生み出し続けた150年の歴史を振り返ると共に、
フリッツ・ハンセンの魅力をご紹介します。

さらに、150年目に発表された作品や、記念イベントの様子も併せてご紹介します。

フリッツ・ハンセンのはじまり

1872年、ナスクコウ出身のキャビネット職人であったフリッツ・ハンセンが通商権を取得したことから、この長きに渡る歴史がはじまります。1885年には家具製造会社を設立。その2年後にはコペンハーゲンの中心街であるクリスチャンハウンに製作所を立ち上げます。

フリッツは、息子であるクリスチャン・ハンセンと共に、設立と当初から家具の品質水準を高めることに注力していました。そのため、クリスチャンボー城、コペンハーゲン市庁舎、最高裁判所といった建造物の家具を手掛けるなど、家具ブランドとして高く評価されていました。そして、この品質の高さが現在でもフリッツ・ハンセンの強みとなっています。

創業者 フリッツ・ハンセン氏

時代の流れと共に遂げる変化

高品質な家具を作ることを念頭に置きながら、フリッツハンセンは、時代の流れと共に様々な変化を遂げながら現在に至ります。

1930年代には蒸気によるブナ材の曲げ木による技法を極め、この分野のトップといえる存在になります。1940年代には厳冬によって枯れてしまったウォルナットの木を用いた家具シリーズを発表し話題を集めるなど、独創的なアイディアによってメディアから注目されました。

1950年代、アルネ・ヤコブセンとの共同開発により、成形合板の家具を数多く発表。ブランドの代表作ともいえる「セブンチェア」もこの時期に発表されました。SASロイヤルホテルに置かれる家具として「スワンチェア」「エッグチェア」「ドロップ」「ポットチェア」など、現在も愛され続けている名作も生まれています。

  • 曲げ木のチェアの製造過程

  • SASロイヤルホテルの客室

家族経営だったフリッツ・ハンセンは、1979年にその手を離すことに。スカンジヴァヴィスク・ホールディングスが所有者となり、ヴァーナー・パントンによる「システム 1.2.3」をはじめ、前衛的な作品を発表します。しかし、その後クラシカルなデザインへ回帰することとなります。

2000年代にはクラシカルな作品を継続しながら、キャスパー・サルト、セシリエ・マンツといった新鋭デザイナーと共に、時代に沿った作品を生み出します。このフリッツ・ハンセンの新たな側面によって、新しいファンを獲得することに成功しています。

フリッツ・ハンセンは長い歴史の中で、その時代の流れや状況によって変化を遂げながら、様々な作品を生み出し続けているのです。

  • 「システム 1.2.3」のプロモーションの様子

  • 2005年に発表された、優れたデザインと機能を併せもつ「リトルフレンド」

長い歴史の中で生まれた名作たち

フリッツハンセンは、150年という長い歴史の中で様々なデザイナーと共に
数多くの名作を生み出してきました。
ここでは名作の一部をまとめてご紹介します。

  • 1878

    ファーストチェア

    フリッツ・ハンセン

  • 1918

    デンマーク
    国会議事堂のチェア

    トルヴァルト・ヨルゲンセン

  • 1921

    クリスモスチェア

    カイ・ゴットロブ

  • 1931

    ラウンジチェア

    フリッツ・シュレーゲル

  • 1932

    ダンチェア

    ソーレン・ハンセン

  • 1934

    クランペンボーチェア

    アルネ・ヤコブセン

  • 1935

    オフィスチェア

    フリッツ・ハンセン

  • 1936

    チャーチチェア

    コーア・クリント

  • 1940

    カナダチェア

    クリスチャン・E・ハンセン

  • 1943

    アームチェア

    オーレ・ヴァンシャー

  • 1944

    チャイナチェア

    ハンス・J・ウェグナー

  • 1947

    AXチェア

    ヴィッツ&モルガード

  • 1951

    PK 0

    ポール・ケアホルム

  • 1952

    アリンコチェア

    アルネ・ヤコブセン

    詳細はこちら
  • 1953

    ハートチェア

    ハンス・J・ウェグナー

  • 1955

    セブンチェア

    アルネ・ヤコブセン

    詳細はこちら
  • 1955

    サービングトロリー

    アルネ・ヤコブセン

    詳細はこちら
  • 1956

    バチェラーチェア

    ヴァーナー・パントン

  • 1957

    グランプリチェア

    アルネ・ヤコブセン

    詳細はこちら
  • 1958

    ドロップ

    アルネ・ヤコブセン

    詳細はこちら
  • 1958

    スワンチェア

    アルネ・ヤコブセン

    詳細はこちら
  • 1958

    エッグチェア

    アルネ・ヤコブセン

    詳細はこちら
  • 1959

    ポットチェア

    アルネ・ヤコブセン

    詳細はこちら
  • 1959

    ジラフチェア

    アルネ・ヤコブセン

  • 1960s

    イージーチェア

    アイナ―・ラーセン&アクセル・ベンダー・マッセン

  • 1962

    オックスフォード
    チェア

    アルネ・ヤコブセン

  • 1968

    スーパー楕円
    テーブル

    ピート・ハイン/ブルーノ・マテソン

    詳細はこちら
  • 1970

    リリー

    アルネ・ヤコブセン

    詳細はこちら
  • 1971

    コートツリー

    シセ・ヴァアナー

    詳細はこちら
  • 1974

    システム 1.2.3

    ヴァーナー・パントン

  • 1988

    ワイヤーコーン
    チェア

    ヴァーナー・パントン

  • 1997

    ヴィコデュオ

    ヴィコ・マジストレッティ

  • 2005

    リトルフレンド

    キャスパー・サルト

    詳細はこちら
  • 2005

    カラヴァッジオ

    セシリエ・マンツ

    詳細はこちら
  • 2014

    アナログテーブル

    ハイメ・アジョン

    詳細はこちら
  • 2018

    N01

    nendo

    詳細はこちら

フリッツ・ハンセンが見つめる
150年のその先

2022年、150周年を迎えたフリッツ・ハンセンから、アニバーサリーモデルの発表と、ポール・ケアホルムの「PK0」の復刻、さらに初の商品化となる「PK60」の発売が発表されました。
さらに、ブランドの歴史と今を表現する展覧会を開催。世界に先駆けて新作の展示を行うほか、SASロイヤルホテルの606号室の再現など、フリッツ・ハンセンの世界観を体感できるイベントとなっていました。

創立から150年経った現在も、世界的に評価され続けているフリッツ・ハンセンは、その独自の視点を絶やさずに、これからも新しい面とクラシカルな面を併せもった作品を発表し続けてくれることでしょう。

フリッツ・ハンセン 150th ―タイムレスデザインの証2022年4月16日(土)〜29日(金) at kudan house

125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom
125naroom

ヤコブセンの名作たちの特別モデル

数々の名作家具をデザインしたアルネ・ヤコブセンの作品の中から「セブンチェア」「リリー」「エッグチェア」「スワンチェア」に150周年特別モデル「ヴァニール グラナイトブラウン」、「グレースレザー チェスナット」が登場しました。(※ リリーはグレースレザーのみ)

ヴァニールは、ファッションデザイナーのラフ・シモンズが、kvadra(クヴァドラ)社のためにデザインしたウールファブリック。縦糸と横糸でそれぞれ違う色を使用することで、独特で美しいパターンが生まれます。

最上級の皮を使用したグレースレザーは、チェスナット(栗)の深みのあるカラーが印象的。時間の経過とともに美しい艶が生まれ、自分好みに変化していきます。

さらに、それぞれのチェアに150周年記念プレートが付いています。フリッツ・ハンセン創立150周年を彩る上品なヤコブセンのチェアで、空間をより上質に演出しましょう。

  • ヴァニール グラナイトブラウン

  • グレースレザー チェスナット

  • 150周年記念プレート付き

誕生70周年で“エッグテーブル”が待望の復刻

アルネ・ヤコブセンが1952年にアリンコチェアと一緒に使用することを想定してデザインした「エッグテーブル」。名前の通り、タマゴを思わわせる楕円の天板とアリンコチェアに合わせた3本のスチール脚で構成されたテーブルです。1960年には生産が終了し、わずか8年間しか製造されることがありませんでした。

廃盤となってからはヴィンテージ市場でしか見ることが出来ませんでしたが、エッグテーブル誕生70周年とフリッツ・ハンセン創立150周年となる2022年に、待望の復刻を果たしました。



詳しくはこちら

近代デザイン史に大きな影響を与えた「PK0」が復刻

ポール・ケアホルムが1951年にデザインした「PK0」。彫刻的なフォルムが特徴で、近代デザイン史に大きな影響を与えました。しかし、その複雑な構造から製造することが難しく、発表当時は製品化されることはありませんでした。

1997年、フリッツ・ハンセン創立125周年に600脚のみの限定発売されましたが、その後生産されることはなく、希少な作品となっていました。限定発売からさらに25年を経て、ついに「PK0 A」として待望の復刻を果たします。幻の作品を手に入れることができるのは大変喜ばしいことです。

さらに、同じ時期にデザインされたものの、一度も製品化されることがなかった「PK60」も発売されます。

coming soon

関連リンク