内山 章一の宙に漂うような美しい輪が連なる「Enigma(エニグマ)」

CATEGORY/カテゴリー

REAL SHOP/実店舗

実店舗のご案内

CONTRACT/コントラクト事業

コントラクト事業のご案内

CONTACT/お問合せ

メールでのお問合せ 実店舗のご案内

定休:不定休

トップ > LIGHT/ライト・照明 > ペンダントライト > Enigma425/545
Louis poulsen > ペンダントランプ > Enigma425/545
内山章一 > Enigma425/545

Enigma425/545 (Louis Poulsen)

  • Enigma/Louis Poulsen(エニグマ/ルイス・ポールセン)
  • Enigma/Louis Poulsen(エニグマ/ルイス・ポールセン)
  • Enigma/Louis Poulsen(エニグマ/ルイス・ポールセン)
  • Enigma/Louis Poulsen(エニグマ/ルイス・ポールセン)
  • Enigma/Louis Poulsen(エニグマ/ルイス・ポールセン)
  • Enigma/Louis Poulsen(エニグマ/ルイス・ポールセン)

宙に漂うような美しい輪が連なるペンダントライト

デンマークの照明ブランド、Louis Poulsen(ルイス・ポールセン)のペンダントライト「Enigma(エニグマ)」。2003年に日本人デザイナーの内山章一が手掛けたもので、極細のワイヤーで吊るされて浮遊しているかのような複数のシェードが印象的なデザインです。エニグマは、開発から生産段階に至るまで約4年の歳月を費やされました。光のバランスを調整する計算された構造と、斬新で美しいデザインが高く評価され、世界的に最も権威のあるiF賞を受賞しています。

エニグマとは「謎」という意味。点灯時に遠くから見るとシェードが宙に漂っているように見えることからその名が付けられました。約0.6ミリのワイヤーと軽量なアクリル製のシェードの組み合わせが軽やかな印象を与えます。また、設置した場所からも向こう側が見渡せ、空間を遮断しないように設計された構造のため、圧迫感を感じさせません。

通常のペンダント照明の場合、下方のみが照らされ上方に光が拡散しないため、空間全体が暗くなってしまいます。エニグマの特徴的な半透明の連なるアクリル製のシェードは、光源の光を外に漏らさず反射、拡散する構造になっています。シェードを透過した光を下方向に柔らかく広げ、上方には反射した優しい光を天井に向けて拡散。シェード全体が効率的に光を反射させることにより、より自然な雰囲気でお部屋を優しく照らします。一つ一つ計算された重なり合うシェードがグレアを軽減し、実際に照明が点灯している所を直視しても、その優しく柔らかな光に驚かされます。さらに、連なるシェードが下方向に向かって逆円錐形の形状のため、食卓での動作の際にも照明に頭がぶつけてしまう心配もありません。

カラーは「ホワイト」と「ブラック」の2色、サイズは直径42.5cmと54.5cmの2種類ご用意しております。使う空間や好みに合わせてお選びください。

 

コード加工をご希望の場合

A330S Golden Bell Pendant Lamp/Artek(ゴールデンベル ペンダントランプ/アルテック)

コード加工をご希望の際は、備考欄へ天井からシェード最下部までの「照明全長」をご記載ください。



 
Enigma425/545 Enigma425/545 Enigma425/545 Enigma425/545
Enigma425/545 Enigma425/545 Enigma425/545 Enigma425/545
拡大画像

Enigma425/545
(Louis Poulsen)

製造元 : Louis Poulsen
価格 : 円(税込)
数量
 

この商品についてメールで問い合わせる

お気に入りに登録

商品に関する詳しい仕様や納期などお気軽にお問い合わせください。


092-718-0808 【 11:00〜19:00 】

DETAIL

  • Enigma/Louis Poulsen(エニグマ/ルイス・ポールセン)

    シェードの上から照らすような構造になっています。

  • Enigma/Louis Poulsen(エニグマ/ルイス・ポールセン)

    薄くて軽いアクリル製のシェード。

  • Enigma/Louis Poulsen(エニグマ/ルイス・ポールセン)

    「エニグマ」のサイズです。

  
 

BRAND

ルイスポールセン

1874年にデンマークで設立されたルイスポールセン。 近代照明の原点といわれ、照明デザイン業界に多大な影響を与え、照明器具を専門的に扱う世界的な有名ブランドです。照明をヒトを美しく見せ、雰囲気と環境をつくる光であることを哲学として掲げ、著名な建築家やデザイナーとともに革新的な照明を生み出し続けています。

DESIGNER

内山 章一(1947-)

東京で生まれ育つ。照明デザインのスペシャリストとして1977年事務所設立。以来、ミニマルなデザインでグレアのない上質な灯りを数々と生み出してきた。世界で高い評価を得ており、グッドデザイン賞、ドイツ IF賞、英国 ARCベストプロダクト プラチナ賞を受賞している。ルイスポールセンから発売されている照明エニグマは、同社において日本人がはじめて手掛けたデザイン。

 
ブランド: Louis Poulsen(ルイスポールセン)/デンマーク
デザイナー: 内山 章一(うちやま しょういち)
サイズ: [425] φ42.2×H74cm(全長191cm)
[545] φ54.5×H97cm(全長207cm)
重量: [425] 1.5kg
[545] 2kg
素材: [シェード] 射出成型アクリル
[ソケットカバーおよびパイプ]アルミ(ヘアライン仕上)
[ワイヤー] ステンレス
ランプ: [425] E11 LED電球(ハロゲン電球 65W相当)
[545] E11 LED電球(ハロゲン電球 75W相当)


おすすめコンテンツ

おすすめアイテム